明烏ど阿呆日記

徒然に考察する岡田茂吉思想とこれから

ロシア

「それでソ連は、ロシアと言いますが、これは露です。そこで太陽が出ようとする夜明けには露が一番多く大地に溜まるわけです。しかし日が出ると露は乾いて しまいますから、いずれそういうことが世界的に現われてくるわけです。」

                  昭和二十八年二月十七日(『御教え集』19号)

 

ウクライナ国歌

ウクライナの栄光は滅びず 自由も然り
運命は再び我等に微笑まん
朝日に散る霧の如く 敵は消え失せよう
我等が自由の土地を自らの手で治めるのだ

 

非常に興味深いですね。